靴リペアのすすめ

管理人

歩く大事な靴を定期的に靴リペアしながら長期的に愛用するメリットは履いているうちに靴が足にフィットし、履き心地が安定してくる点にあります。長時間歩いても、疲労が溜まりにくくなります。ただ、これは機能性に富んだブランド靴に限定されるメリットです。安価な靴は買い替えなければならないケースが増えますが、ブランド靴は靴リペアを繰り返すうちに、安価な靴を購入する場合は、割安となります。

修理に出すタイミングは、少し傷みを感じたときに出すようにしましょう。そのタイミングを逃してしまい、痛みすぎてから修理に出しても、かえって費用が発生してしまいます。このようなトラブルを回避するためにも、定期的にメンテナンスを行うことが賢明です。1年に1回でも構いません。それを4年も継続していけば、1年に1回、靴を購入する費用よりは割安となるわけです。消費することよりも、継続性を重視しましょう。

ただ、かかとがすり減ることを回避する方法があります。それは毎日、同じ靴を履かないことです。足からの汗を吸収した靴は一晩が過ぎても、乾きません。その状態で毎日、履き続けてしまうと、ダメージが拡がります。そのため、違う靴を数足、用意し、ローテーションを組みながら。履き替えるようにすることが大切です。ワックスや防水スプレーなどで保護しておくことは大切です。


ヒールの修理の場合は

管理人

かかとがすり減るのは革靴やスニーカーだけとは限りません。女性のハイヒールもすり減ってしまいます。ヒールのかかとである先端はゴムでできていることが多いです。ゴムが完全に取れてしまい、大きな音を響かせている光景を目にしたことがありますが、ヒールも自分で修理することが可能です。ニッパーやペンチ、とんかち、接着剤、新しいヒール部分を用意しましょう。このヒール部分は100円ショップで売っています。

ニッパーまずはヒール部分の長さを調べることが大切です。履いたときにつま先のソール部分と高さが合うようにヒールの長さを調べておかなければなりません。次に、残存しているヒール部分を除去します。ヒール部分は金属の針のようなものにゴムが付着しており、その針が靴本体の穴に刺さって構成されています。すり減ったゴムのヒール部分、針部分が残存している場合は、ニッパーやペンチをしようし、除去しておきましょう。

後は新しいヒール部分を穴に差込み、入りにくい場合は、とんかちを使用し、緩い場合は、穴の中に接着剤を注入し、針を入れましょう。これでヒールの靴リペアは終了です。試しに履いてみて、バランスが悪いと感じたときは、高く感じる方を紙やすりなどで少しずつ、削ると良いでしょう。


かかとの土台の修理

管理人

靴底には、土台の部分にソールがかぶさった状態です。歩いているうちにすり減ってソールが削れてしまうのはよくあることですが、土台まで削れてしまうこともあります。その場合でも修理をすることは可能なのでしょうか。削れたかかとを補填するような形で継ぎ足しを考えてもられるとイメージしやすいかもしれません。

かかとまずは、すり減ったかかとはでこぼこな状態です。それを均一にならすことから始めましょう。でこぼこの部分を削り取って平らにしてください。そこに靴底の補修素材を貼り付けて、釘で打ち付けます。ここでのポイントは隙間が空かないように密着させることです。

また、かかとの部分と全く同じの大きさにカットしなければならないと思う人もいるかもしれませんが、かかと部分のはみだしは貼り付けてから削り取ることで解決します。むしろ小さくならないように用意したほうが良いでしょう。

靴リペアで靴が持つ寿命を延ばすことが可能となります。寿命だなと感じ、捨ててしまったり、高い修理費用を支払い、修理に出していたと思いますが、かかと修理はお金を掛けずに自分の手で簡単に行うことが可能です。100円ショップを上手に利用し、節約しながら行ってみましょう。


靴リペアは自分で可能

管理人

ふと、気付くと、靴のかかとがすり減っていることに気付くことがあると思いますが、すり減って、靴のかかとに穴が開いているという恥ずかしい状態とならないようにしっかりと靴リペアしたいものです。そんな靴のかかとの修理を面倒だからとそのままにしている方は多いと思いますが、実は自分で修理することが可能なのです。考える必要もありませんし、替える靴と道具さえあれば、意外と簡単に行うことができます。

革靴やスニーカーのかかとの修理を考えてみましょう。まず、靴底補修剤が必要です。すり減ってしまった靴底を補修する補修剤ですが、強度が強く、剥がれずにしっかりと張り付いてくれるので、便利です。この靴リペアはすり減ったかかとの空間を埋め、元の形に戻すイメージとして捉えておきましょう。

紙やすりまずは、補修する面のゴミや汚れを念入りに落とします。軽く砂やほこりを取った後は、補修する箇所を紙やすりで綺麗にします。ポリエステルなどの板をかかとのラインに沿って、テープを張ります。この工程でかかとはすり減る前のラインが浮き彫りになります。そこに柔らかい補修剤を流し込んでいきます。すり減りの激しい部分に優先的に流し込んでいき、均一にならしていきます。

後はそのまま、硬化するまで乾かすだけです。その時点での刺激のある匂いは感じられませんが、念のため、換気性が良い風の流れが存在する場所に置いておきましょう。乾いたことが確認できれば、ポリエステルの板を剥がして、靴リペアは完成となります。躊躇していても、自分でやるとなると、意外と簡単にできるものなのです。