かかとの土台の修理

管理人

靴底には、土台の部分にソールがかぶさった状態です。歩いているうちにすり減ってソールが削れてしまうのはよくあることですが、土台まで削れてしまうこともあります。その場合でも修理をすることは可能なのでしょうか。削れたかかとを補填するような形で継ぎ足しを考えてもられるとイメージしやすいかもしれません。

かかとまずは、すり減ったかかとはでこぼこな状態です。それを均一にならすことから始めましょう。でこぼこの部分を削り取って平らにしてください。そこに靴底の補修素材を貼り付けて、釘で打ち付けます。ここでのポイントは隙間が空かないように密着させることです。

また、かかとの部分と全く同じの大きさにカットしなければならないと思う人もいるかもしれませんが、かかと部分のはみだしは貼り付けてから削り取ることで解決します。むしろ小さくならないように用意したほうが良いでしょう。

靴リペアで靴が持つ寿命を延ばすことが可能となります。寿命だなと感じ、捨ててしまったり、高い修理費用を支払い、修理に出していたと思いますが、かかと修理はお金を掛けずに自分の手で簡単に行うことが可能です。100円ショップを上手に利用し、節約しながら行ってみましょう。