管理人

かかとがすり減るのは革靴やスニーカーだけとは限りません。女性のハイヒールもすり減ってしまいます。ヒールのかかとである先端はゴムでできていることが多いです。ゴムが完全に取れてしまい、大きな音を響かせている光景を目にしたことがありますが、ヒールも自分で修理することが可能です。ニッパーやペンチ、とんかち、接着剤、新しいヒール部分を用意しましょう。このヒール部分は100円ショップで売っています。

ニッパーまずはヒール部分の長さを調べることが大切です。履いたときにつま先のソール部分と高さが合うようにヒールの長さを調べておかなければなりません。次に、残存しているヒール部分を除去します。ヒール部分は金属の針のようなものにゴムが付着しており、その針が靴本体の穴に刺さって構成されています。すり減ったゴムのヒール部分、針部分が残存している場合は、ニッパーやペンチをしようし、除去しておきましょう。

後は新しいヒール部分を穴に差込み、入りにくい場合は、とんかちを使用し、緩い場合は、穴の中に接着剤を注入し、針を入れましょう。これでヒールの靴リペアは終了です。試しに履いてみて、バランスが悪いと感じたときは、高く感じる方を紙やすりなどで少しずつ、削ると良いでしょう。